台風4号は温帯低気圧に 九州や四国で猛烈な雨、国道で土砂崩れも

吉沢英将
[PR]

 台風4号は5日午前6時前、長崎県佐世保市付近に上陸し、午前9時には温帯低気圧に変わった。高知県で短時間に集中豪雨をもたらす「線状降水帯」が発生したほか、福岡、熊本、長崎の3県では1時間に100ミリ以上の猛烈な雨が降ったとみられる。気象庁は西日本から東日本太平洋側では6日にかけ、土砂災害への厳重な警戒を呼びかけている。

 同庁は5日未明、高知県西部で線状降水帯による非常に激しい雨が降り続いたとして、「顕著な大雨に関する情報」を発表。高知県須崎市で午前1時すぎまでの3時間で、観測史上最多となる208・0ミリを記録した。

 上陸直後には長崎県雲仙市熊本県荒尾市福岡県大牟田市付近で1時間に120ミリ以上の猛烈な雨が降ったとみられるとして、相次ぎ「記録的短時間大雨情報」も発表した。大牟田市では1時間降水量の最大値で7月の最多となる85・0ミリを観測した。

 総務省消防庁によると午前7時半現在、愛媛、鹿児島の2県2市で計4万4804世帯9万610人に避難指示が出ている。高知県では5日に入り、床下浸水で計8棟の被害が確認されたという。

 低気圧は6日にかけ、西日本から東日本太平洋側へ進む見通し。6日正午までの24時間に予想される雨量はいずれも多いところで、東海、四国200ミリ▽関東甲信、近畿150ミリ▽九州南部100ミリ。

 一方、北日本でも太平洋高気圧の縁をめぐって吹く暖かく湿った空気などの影響で大気が不安定になっており、大雨となるところがある。6日正午までの24時間ではいずれも多いところで、北海道、東北80ミリと予想している。(吉沢英将)

線状降水帯が発生した高知県は

 高知地方気象台によると高知県内では2日の降り始めから5日午前8時までに、四万十町で569ミリ、須崎市で457ミリ、高知市で358ミリの雨量を観測。特に四万十町では48時間で557ミリを観測し、平年の7月の1カ月分の雨量を超えた。

 気象庁は5日午前0時40分ごろ、高知県西部で「線状降水帯」による激しい雨が降り続いているとして、「顕著な大雨に関する情報」を発表した。

 県によると、午前11時現在、高知市などで床上浸水2件、四万十町などで床下浸水20件の被害を確認。中土佐町の国道56号で、道路脇の斜面の土砂が崩れて全面通行止めになるなど、国道や県道で土砂崩れや冠水による通行止めが7件発生した。

 高知県東部や西部を走る土佐くろしお鉄道は全線で、JR四国も一部区間で5日の始発から運転を見合わせている。

 また、徳島県と徳島地方気象台は5日午前9時13分、土砂災害の危険度が高まっているとして、阿南市を対象に「土砂災害警戒情報」を発令。市は福井地区の878世帯1925人に対し、速やかな避難を呼びかける「避難指示」を出した。

 一方、四国4県や四国地方整備局などでつくる吉野川水系水利用連絡協議会は5日午前9時、早明浦ダム(高知県)からの取水制限を一時的に解除した。降雨により、吉野川の水量が増えたため。取水制限では、香川県内の水道水のおよそ半分をまかなう香川用水への供給量が50%削減されていた。

     ◇

 和歌山県南部の那智勝浦・太地・串本・すさみの4町は、町内全域を対象に大雨警報と避難指示の手前の警戒レベルにあたる「高齢者等避難」を出し、避難所を計41カ所開いた。那智勝浦町によると、午前9時半現在で町内に避難者はいない。4町では計1万9431世帯(計3万5740人)が暮らしている。