中国海警船2隻が尖閣周辺の領海に侵入 漁船に近づこうとする動きも

野平悠一
[PR]

 林芳正外相は5日午前の閣議後会見で、中国海警局に所属する船舶2隻が同日午前4時半ごろ、沖縄県尖閣諸島周辺の日本の領海に侵入したことを明らかにした。さらに付近を航行中の日本漁船1隻に近づこうとしたという。

 林氏は会見で「誠に遺憾であり、受け入れられない」とし、中国側に対して外交ルートを通じて抗議し、速やかに領海から退去するよう強く求めたとしたが、船舶はその後も領海にとどまっているという。

 中国をめぐっては4日午前にも尖閣諸島周辺の接続水域内に中国海軍の艦艇が進入したことから、外務省は中国側に「重大な懸念」を表明して抗議していた。

 松野博一官房長官は5日午前の会見で「引き続き緊張感を持って、尖閣諸島周辺の警戒監視に万全を尽くすとともに、中国側に対しては、冷静かつ毅然(きぜん)と対応していく」と述べた。(野平悠一)