第20回参院選の候補者たちに聞いた「参院の存在意義は何ですか」

有料会員記事参院選2022

岡村夏樹
[PR]

 参院は衆院の「カーボンコピー」と揶揄(やゆ)され、衆参で多数が異なる「ねじれ」国会では法案審議が進まなくなると「強すぎる参院」と批判を受けてきた。「良識の府」から「不要論」まで飛び出す。20年目を迎えた朝日新聞社と東京大学谷口将紀研究室の共同調査で参院選候補者に初めて尋ねた。「参院の存在意義は何であると考えますか」

 自由記述で回答してもらうと、衆院との役割分担を意識する声が多かった。「衆院に対する補完、均衡、抑制など国会の各審議を慎重に行い、時に再考するため」「衆院で審議された法案について、更に慎重に審議し多様な視点から足らざるを補い、その後の経過を長期的にチェックする」といった具合だ。

 参院の役割を衆院の抑制や均…

この記事は有料会員記事です。残り489文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載朝日・東大共同調査(参院選2022)(全30回)

この連載の一覧を見る