犠牲者300人超、「西日本豪雨」から4年 被災各地で追悼式

[PR]

 東海から九州までの14府県で300人以上(災害関連死を含む)が犠牲となった2018年の西日本豪雨から、6日で4年。河川の氾濫(はんらん)や土砂崩れによって大きな被害を受けた岡山、広島、愛媛の3県でも住宅再建が進み、仮設住宅で暮らす人は昨年に比べて約9割減った。

 多くの人が亡くなった岡山県倉敷市広島市では6日、追悼式が開かれた。

 河川の氾濫などで75人が亡くなった岡山県倉敷市。6割以上の世帯が被害を受けた同市真備町の追悼式には、約60人が出席した。

 母親を亡くした平松頼雄さん(69)は遺族代表として、育てた野菜や花を近所にお裾分けするのが生きがいだった母親の思い出を紹介。自身は昨年、防災士の資格を取ったといい、「地域の自助、共助を図っていくことで母も喜んでくれると思う」と述べた。

 西日本豪雨では、積乱雲が連なる「線状降水帯」が次々に発生。長い時間にわたって広い範囲に記録的な雨が降り、気象庁が東海から九州までの11府県に、数十年に一度の大雨が予想される「大雨特別警報」を発表した。

 西日本豪雨による死者・行方不明者の9割は、岡山、広島、愛媛の3県に集中した。広島県坂町や熊野町では土石流が発生、愛媛県西予市と大洲市ではダムの緊急放流で川があふれ、いずれも多くの人が亡くなっている。

 3県では住宅の全半壊も計約1万7千戸にのぼった。

 仮設住宅で暮らす人は、3県で計121人(6月末現在)いるが、昨年の同時期に比べると約900人減った。愛媛県内で計画されていた災害公営住宅5団地のうち、最後の団地が昨年9月に完成するなど、各地で住宅再建が進んでいる。

 岡山県被災者生活支援室の担当者は「仮設住宅に残る方々も自宅を再建するめどはたっており、一日も早く仮住まいから移れるように支援を続けていく」と話している。