「1票いってきた」自慢した 令和の白ギャル・ゆうちゃみと選挙

有料会員記事参院選2022

聞き手・石田貴子
【動画】"令和の白ギャル"ゆうちゃみさんインタビュー=小川智、三井佑那撮影
[PR]

 「若者は政治に関心がない」はよく聞く言葉です。でも、「令和の白ギャル」と呼ばれるタレントのゆうちゃみさん(20)は「最近、政治に関心がある」と言います。きっかけは? 政治に望むことは? お話を伺いました。

 ゆうちゃみ 大阪府東大阪市出身。タレント、ギャル雑誌「egg」専属モデル。TikTok(ティックトック)やインスタグラムなどSNSの総フォロワー数は130万人以上にのぼる。

 ――テレビの情報番組などで政治に関する発言もされています。いつから政治に興味を持つようになったのですか

 小さい頃からテレビでニュースは見ていました。

 でも、政治というか、日本のことを知りたいなと思ったのはほんまに最近。情報番組に出させてもらうようになって、そこで知識を得たりとか、新聞も家でとってるので、見てみたりとか。

 ネットで調べたりもして、最近はSDGsが気になっています。

 ――選挙に関心はありましたか

 なかったです。「自分関係ないや」と思っちゃってた部分があって。「私の1票で変わらんやろ」みたいな気持ちが大きかったですね。

 でも選挙の特番に仕事で携わらせていただいて、「やっぱ1票でも全然違うな」「1票がめちゃめちゃ大きいな」と気がつきました。

 この前、選挙に初めて行きました。母と一緒に。会場でギャル2人だったので気まずかったんですけど、「若い子が来てくれてうれしい」みたいなこと言われたんです。

 私だけじゃなくて周りの若い世代の子たちにも積極的に行ってほしいと思いました。1票でやっぱ変わるので。

 ――どうやって投票先を決め…

この記事は有料会員記事です。残り1259文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]