博多のビル解体現場3人死傷事故 福岡県警が現場責任者を書類送検

板倉大地
[PR]

 福岡市博多区の解体作業現場で昨年、男性作業員3人が急性一酸化炭素中毒で死傷した事故で、福岡県警は5日、適切な安全管理を怠ったとして、現場責任者だった建設会社員の男(41)=同市東区=を業務上過失致死傷の疑いで福岡地検に書類送検し、発表した。容疑を認めているという。

 捜査1課によると、事故は2021年9月13日午後4時半ごろ、解体作業中だった博多区博多駅東3丁目のビルの地下駐車場で起きた。地下の受水槽室にあった高圧洗浄機から一酸化炭素が発生し、地下に充満した。

 死傷した3人は地下に降り、同区美野島3丁目の作業員渡辺孝憲さん(当時70)が死亡。アルバイトの男性(当時73)と男子大学生(当時20)も中毒の症状で病院に搬送されたが、命に別条はなかった。厚生労働省のガイドラインでは、一酸化炭素が発生する高圧洗浄機を建物内では使わないよう注意しており、現場責任者の男はこうした安全管理を怠った疑いがある。

 男子大学生が一度、高圧洗浄機の不具合を見に行き、入れ替わりで地下に行ったアルバイトの男性がその場で倒れた。渡辺さんは倒れた男性の様子を確認しに地下に向かい、助けを求めようと地上に戻る途中に、スロープ上で倒れたとみられるという。

 警備員が渡辺さんを発見して119番通報した。発見当時、渡辺さんは意識があり、「もう1人いる」と話していたという。(板倉大地)