住人の母と息子か、東大阪市の住宅に2人の遺体 施錠され外傷なし

[PR]

 4日午後9時半ごろ、大阪府東大阪市寿町2丁目の2階建て住宅内で、通報で駆けつけた府警の警察官らが、成人2人の遺体を見つけた。ともに目立った外傷はなく、府警が近く司法解剖をして死亡した経緯を詳しく調べる。

 布施署によると、この住宅には、女性(90)とその息子(65)が2人で暮らしていた。近くに住む女性の妹が、姉と連絡がとれないことを心配して訪れ、玄関の鍵がかかっていたため、近くの交番から同日午後8時55分ごろに通報した。

 消防隊員がベランダから室内に入り、署員とともに遺体を確認。性別不明の1人が1階のトイレ前で、男性が2階の一室でそれぞれ倒れていた。室内に荒らされた跡はなく、遺体は腐敗が進んでいたという。

 現場はJRおおさか東線長瀬駅近くの住宅街。