第63回岸田政権での憲法改正・防衛費倍増、賛否真っ二つ 朝日新聞世論調査

有料会員記事参院選2022

磯田和昭
[PR]

 自民、公明の与党に、改憲論議に積極的な日本維新の会、国民民主を加えた4党で非改選を合わせ、参院で改憲発議に必要な3分の2(166議席)を超える可能性が強まっていることが、朝日新聞の終盤情勢調査で分かった。ただ、岸田政権のもとで、憲法改正をすることの賛否については同時に実施した世論調査で「賛成」36%、「反対」38%と回答が割れた。

あなたにマッチする政党は?

参院選2020 朝日新聞ボートマッチ。質問に答えていくと、主要9政党・候補者との「一致度」が分かります。

 比例区の投票先別に賛否を見…

この記事は有料会員記事です。残り651文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年7月6日8時20分 投稿
    【視点】

    「改憲4党」なる枠組みがだんだんと定着し始めていますが、その内実は複雑です。公明党は改憲そのものに組織全体として前向きとは言えず、国民民主党も議論には積極的であっても改憲そのものに前のめりなわけではありません。そもそも、4党が集まったところ

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載朝日情勢調査 参院選2022(全110回)

この連載の一覧を見る