甲子園で投げた気遣いの「棒球」 親友が語る、阪神・湯浅京己の素顔

有料会員記事阪神タイガース

大坂尚子
[PR]

 高校時代を振り返る時、阪神タイガースの湯浅京己(あつき)が真っ先に名前を出す人がいる。

 福島・聖光学院高の同級生、仁平(にへい)勇汰さん(22)。いまもマメに連絡を取り合う仲だという。

 ずっと福島で育った仁平さんと、三重県尾鷲市から入学した湯浅は、不思議とウマが合った。

 後に主将を任されることになる仁平さんだが、「湯浅といる時は主将らしくいなくてもよかった。素でいられた」と言う。

 1年時、2人はいくつかある野球部の寮の同じ棟で過ごした。ポジションも、入学時の湯浅は三塁手で、仁平さんと同じだった。

 湯浅は腰痛のため、すぐにマネジャーになり、一緒に練習することはなくなった。それでも遠征に行くバスの席は隣だった。

 2年になってからは同部屋になった。

 Bチームだった仁平さんは、プレーがうまくいかない時期があり、「練習に行きたくない」とぼやくこともあった。

 そんなとき、「ダメや。行くぞ」と引っ張ってくれたのは湯浅だった。

 仁平さんはうれしそうに振り返る。

 「気遣いがすごい。まるで僕…

この記事は有料会員記事です。残り1213文字有料会員になると続きをお読みいただけます。