第61回自公、改選70議席台の勢い 改憲4党で3分の2超も 朝日終盤情勢

有料会員記事参院選2022

[PR]

 10日投開票の参院選について、朝日新聞社は4、5日、全国の有権者を対象に電話とインターネットによる情勢調査を実施した。取材による情報も加え、終盤情勢を分析したところ、自民、公明の与党は引き続き堅調で、改選過半数(63議席)を確保し、70議席台に乗る勢い。非改選70議席を含めて定数の過半数(125議席)を上回りそうだ。立憲民主は焦点の1人区で先行を許す選挙区が増え、改選23議席を下回る見通し。維新は改選6議席倍増の勢いを維持し、比例区では立憲を上回る可能性も出てきた。

あなたにマッチする政党は?

参院選2020 朝日新聞ボートマッチ。質問に答えていくと、主要9政党・候補者との「一致度」が分かります。

【電話調査の方法】 コンピューターで無作為に電話番号を作成し、固定電話と携帯電話に調査員が電話をかけるRDD方式で、4、5の両日に全国の有権者を対象に調査した。固定は有権者がいると判明した9207世帯から5244人(回答率57%)、携帯は有権者につながった1万1340件のうち5147人(同45%)、計1万391人の有効回答を得た。

【インターネット調査の方法】 4、5の両日、インターネット調査会社4社に委託して実施した。各社の登録モニターのうち、全国47都道府県の有権者を対象に調査した。全国で計8万576件の有効回答を得た。

 調査時点で投票態度を明らかにしていない人が選挙区、比例区とも4割前後おり、情勢は変わりうる。

 与党に、国会での改憲論議に積極的な維新や国民民主を合わせると80議席を上回り、非改選84議席を含めると改憲の国会発議に必要な3分の2(166議席)を超える可能性が強まっている。

 各選挙区の終盤情勢の詳報は、8日朝にお伝えする予定。

自民、比例区ではやや失速気味 立憲は改選7議席に届く可能性も

 自民は、32ある1人区のう…

この記事は有料会員記事です。残り2720文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    菅野志桜里
    (弁護士・国際人道プラットフォーム代表)
    2022年7月6日13時3分 投稿
    【視点】

    「改憲4党」とは何ぞや? 「憲法」を個別のテーマに落とし込んで公約分析をすることはメディアの大事な仕事だと思いますが、人権から統治まで103条ある憲法をひとくくりにして「国会での改憲論議に積極的」な政党か否かという分析には疑問を感じま

  • commentatorHeader
    藤田直央
    (朝日新聞編集委員=政治、外交、憲法)
    2022年7月6日7時1分 投稿
    【視点】

    この参院選での憲法をめぐる状況で補足です。  「改憲4党」(自民、公明、維新、国民)に共通する改憲案はありませんが、維新が9条への自衛隊明記と緊急事態条項の創設を主張に加えたことで、自民との重なりが広がっています。両党幹部からは、国会

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載朝日情勢調査 参院選2022(全110回)

この連載の一覧を見る