事件当日、USJの前に「奈良へ」と供述、虚偽か 2歳児熱中症死

有料会員記事

山本逸生、甲斐江里子 田添聖史、新谷千布美
[PR]

 大阪府富田林市の団地で2歳の女児が熱中症で死亡し、祖母(46)と内縁の夫(50)が保護責任者遺棄容疑で逮捕された事件で、事件当日「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行った」と話した内縁の夫が、「その前に奈良へ行った」と供述したことが捜査関係者への取材でわかった。奈良行きの形跡はなく、府警は供述は不自然とみており、女児を放置した時間について調べている。

 女児の死亡から1週間。内縁の夫は「これまでも何度か1人にして外出した」と供述しているといい、府警は虐待が長期にわたった可能性があるとみている。

 逮捕されたのは、いずれも富田林市小金台4丁目で無職の小野真由美、自営業桃田貴徳の両容疑者。府警によると、2人は6月29日午前5時ごろ、小野容疑者の孫の小野優陽(ゆうは)ちゃんを団地3階にある自宅洋室のベビーサークル内に閉じ込めて外出し、午後4時ごろまで放置した疑いがある。

USJ開園までの行動は?

 捜査関係者によると、2人は逮捕当時、「USJ(大阪市此花区)に車で行った」と供述。自宅からは車で約1時間の距離で、「午前5時ごろに出かけた」と話していた。USJによると、29日の開園時間は午前10時だった。

 桃田容疑者は一方で、29日早朝に「奈良に行った」とも供述。府警は、両容疑者はUSJにはいたとみているが、奈良行きについては確認を進めたが裏付けが取れず、倒れている優陽ちゃんが見つかった同日午後4時までの実際の行動について調べている。

 捜査1課によると、29日午後4時ごろ、帰宅した小野容疑者の四男(15)がベビーサークル内で倒れていた優陽ちゃんを見つけた。捜査関係者によると、2容疑者は四男から優陽ちゃんの異変を知らされ、「水をかけるよう外出先から指示した」と供述したという。帰宅した桃田容疑者が119番通報したのは午後5時20分ごろだった。

 ベビーサークルはタテ91センチ、ヨコ124センチの広さ。柵の高さは88センチで、優陽ちゃんの身長を超えていた。柵の四方は板で覆われて脱出しにくく、風通しが悪くなっていた可能性がある。内側には飲み物や食べ物もなかった。優陽ちゃんは脱水症状になり、29日昼ごろ死亡したとみられる。

 桃田容疑者は「外出の際に洋室のエアコンと扇風機をつけ、窓を開けていった」と供述。富田林市消防本部によると、29日の同市の気温は午後2時50分ごろに34・5度になった。捜査関係者によると、府警は事件後、事件当時に近い状況を作り、室内の温度変化などを確認しているという。(山本逸生、甲斐江里子)

児相も市もリスク評価下げる

 優陽ちゃんを巡り、大阪府富…

この記事は有料会員記事です。残り1703文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら