第10回フィンランド大使館で配られた紙袋…中には毛糸玉 込められた決意は

有料記事ウクライナ情勢

牧野愛博
[PR]

 6月3日の昼過ぎ、東京・南麻布にあるフィンランド大使館は、50人ほどの来客でにぎわっていた。「フィンランド国防軍国旗の日レセプション」だった。そのなかに、防衛省防衛研究所戦史研究センターの庄司潤一郎主任研究官がいた。庄司氏は中庭に用意された軽食をとりながら歓談した後、大使館を後にしようとした。50センチ四方ほどの茶色の紙袋を渡された。渡された瞬間、庄司氏はその軽さに驚いた。

 各国大使館はレセプションの後、簡単なお土産を渡すのが通例だ。観光案内や特産品が準備されることが多い。フィンランドと聞いて日本人が思い浮かべるのは、トーベ・ヤンソンの名作「ムーミン」かサウナ、はたまたサンナ・マリン首相の来日で話題になった「ジェンダー先進国」といったイメージだ。

 庄司氏が紙袋を開けると、中からグレーの毛糸玉と編み棒、説明書などが出てきた。毛糸玉は、フィンランドの毛糸メーカーNOVITAのものが100グラム(130メートル分)。6月に日本でリバイバル公開されたフィンランド映画「アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場」のチラシもあった。

 第2次世界大戦当時の1941年から44年にかけて繰り広げられたフィンランドとソ連の「継続戦争」を描いた作品だ。

 ソ連は39年11月末にフィンランドに侵攻し、40年3月まで続いた「冬戦争」でフィンランド領土の一部を奪った。フィンランドは41年6月に独ソ戦が始まったことを契機に、再びソ連に「継続戦争」を挑んだ。最後はドイツの敗勢によって、フィンランドが再び、大幅な領土の割譲を行って終わった。

 なぜ、毛糸玉と戦争映画なのか。

 紙袋には96年に日本に設立…

この記事は有料記事です。残り1626文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載読み解く 世界の安保危機(全50回)

この連載の一覧を見る