第19回「首相の靖国参拝」自民超え96%賛成、参政党とは 議席獲得も視野

[PR]

 朝日新聞社の参院選序盤と終盤の情勢調査で、政治団体の参政党が比例区で議席を獲得する可能性があるという結果が出た。どんな政党か、朝日新聞社と東京大学・谷口将紀研究室の共同調査から政策の立ち位置を分析した。

 参政党は元衆院議員と会社役員、歯科医師が共同代表を務め、ホームページで「ゼロからつくった政治団体。特定の支援団体も、資金源もない」と説明する。地方議員らが名を連ねている。

 共同調査は候補者545人中、512人が答えた(回答率94%)。参政党は国政選挙に初めて50人(選挙区45人、比例区5人)を擁立し、全員が回答した。

 経済政策では「国内産業を保…

この記事は有料会員記事です。残り342文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載朝日・東大共同調査(参院選2022)(全30回)

この連載の一覧を見る