全面復旧は5日午後 「全国的にほぼ回復」から1日かかったわけ

有料会員記事

女屋泰之、神山純一
[PR]

 KDDIは4日午後4時時点で、「音声通話・データ通信ともに全国的にほぼ回復した」と公表した。全面的な復旧を発表したのは、それから1日近く後になってからだった。

 3日午後5時半に復旧作業を終えたが、再び障害が起きるのを防ぐため、通信量の制限は続けた。3日時点で通常の50%に抑えており、その後は段階的に緩和していったという。

 週明けで業務による使用が増えるはずの4日も制限は続き、つながりにくい状態となった。制限をすべて解除したのは同日午後2時51分。この時点で通信量は平常時に戻ったが、正常化の検証作業が残っており、KDDIは「ほぼ回復した」という微妙な言い回しをしていた。

 検証に時間がかかり、問題がないことを最終確認したのは5日午後3時36分。全面復旧の宣言を発表したのは同日午後4時15分時点だった。

「お客様目線が足りなかった」

 KDDIの5日の会見には技術統括本部長である吉村和幸専務らが出席した。主なやりとりは以下の通り。

 ――復旧したのに使えない利用者がいた。

 ほぼネットワークは回復して…

この記事は有料会員記事です。残り391文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら