• アピタル

米国内の死因、新型コロナが2年連続で3位 若い世代で上位の傾向

有料会員記事新型コロナウイルス

ワシントン=合田禄
[PR]

 米国立保健研究所(NIH)は5日、2020年と21年はともに、新型コロナウイルスが国内死因の3位になったと発表した。21年は20年と比べ、若い世代で新型コロナが死因の上位に入る傾向にあったとの分析も明らかにした。

 米疾病対策センター(CDC)によると、米国内では新型コロナによって100万人超が死亡している。NIHの研究者らは20年の死因のデータと、今年5月5日時点で確定していた21年1~10月の死因のデータを分析し、米医師会雑誌(JAMA)に掲載した論文で公表した。

 20年3~12月と21年1~10月の期間をみると、最も多かった死因はともに心疾患で、2番目はがん、3番目は新型コロナだった。薬の過剰摂取などを含む事故死、脳卒中が続いた。それぞれの期間で、約35万人が新型コロナで亡くなり、全体の約8分の1を占めた。

 年代別の死因をみると、20…

この記事は有料会員記事です。残り214文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]