ツイッター、インド政府を提訴 投稿削除・アカウント凍結命令めぐり

有料会員記事

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 米ツイッターが、インド政府による投稿の削除やアカウント凍結の命令が恣意(しい)的だとして、インド政府を提訴したことが明らかになった。複数の米メディアが報じた。インドなどの新興国ではネット上の言論への取り締まりが強まっており、米大手SNSとの摩擦が広がっている。

 米ニューヨーク・タイムズ紙によると、ツイッターはインド政府から数十のアカウントを凍結するよう命じられ、従わなければ幹部を刑事訴追すると警告されていた。命令の期限が4日で、命令には従ったものの、訴訟で法的な救済を求めているという。ツイッターは朝日新聞の取材に「現時点でコメントすることはない」と回答した。

 米メディアによると、米メタ…

この記事は有料会員記事です。残り147文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら