当日投票所は1千カ所以上減少、投票終了繰り上げも38%に 参院選

[PR]

 10日投開票の参院選の当日投票所の数は全国で4万6017カ所(速報値)で、前回2019年から1千カ所以上減る見通しであることが総務省のまとめでわかった。人口減少期日前投票所が増えたことで、投票のあり方が変わりつつあるようだ。

 今回、当日投票所が増えた都道府県はゼロ。埼玉、神奈川の両県が増減なしで、残る45都道府県で減った。減少数が1番大きいのは秋田で、116カ所減った。2位は滋賀の92カ所減、3位は北海道と鹿児島の74カ所減と続く。参院選の当日投票所は、01年の5万3439カ所をピークに右肩下がりの状況が続いている。

 各自治体では、有権者の減少で小規模な投票区が増える一方で、投票用紙を配る職員や投票をチェックする立会人の確保など投票所にかかる経費とのバランスが課題になっている。

 今回の参院選では、期日前投…

この記事は有料会員記事です。残り955文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    能條桃子
    (NoYouthNoJapan代表)
    2022年7月6日21時47分 投稿
    【視点】

    投票率の低さが問題とされているが、そのためにアクセス改善が必須です。電子投票をシステムとして導入すれば1投票所あたりのコストを下げることができると思うので、今のデジタルを活用した改善を望みたいです。

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]