進む「脱首都圏」 北海道への本社移転が過去最多、そのワケは

有料会員記事

日浦統
[PR]

 コロナ禍を機に、首都圏の企業が本社を北海道内に移転する動きが広がっている。リモートワークが普及して首都圏に本社を構える必要性が薄れているほか、災害時のリスクを分散する狙いもある。道や札幌市も補助金などで移転を促しており、この動きが定着するのか注目される。

 首都圏からの移転企業のさきがけが、国内外で世界のお茶専門店150店舗を展開する「ルピシア」だ。

 2020年、東京・代官山か…

この記事は有料会員記事です。残り1280文字有料会員になると続きをお読みいただけます。