「女性は客寄せ」はね返す 賞金1億の競輪選手、猫に救われた10年

有料記事

江戸川夏樹
[PR]

 競輪場では猫がよく生まれるのだという。

 その日も、連絡が来た。「川崎競輪場で、猫が生まれている」

 急ぎ車を走らせた。生後1週間ほどの三毛猫。弱々しく鳴いていた。動物病院に連れて行き、検査を受けた後に、自分の家へ連れて帰った。飼い猫も寄り添う。子猫はミルクを飲み始めた。

 あーよかった。そして、あーかわいい。

 ただ、まだ排泄(はいせつ)も自分でできない。4時間ごとの授乳も必要だった。さて。どうする。

 競輪選手の小林莉子さん(29)の育児が始まった。

 そもそも、なぜ競輪場に猫がいるのか。

育てた猫は10匹以上 選手の「授乳リレー」も

 競輪選手は日本各地にある競…

この記事は有料記事です。残り2418文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。