独自

実際は2日前からUSJ近くに宿泊 放置は長時間か 2歳児熱中症死

有料会員記事

[PR]

 大阪府富田林市で2歳の女児が熱中症で死亡した事件で、保護責任者遺棄容疑で逮捕された祖母(46)と内縁の夫(50)が、女児が死亡する2日前から、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市此花区)近くのホテルに宿泊していたことが捜査関係者への取材でわかった。

 女児の死亡は6月29日。2人は逮捕時、「29日午前5時ごろに家を出てUSJに行った」と供述したが、大阪府警は女児の放置は同27日からで、より長時間になるとみて調べる。

 逮捕されたのはいずれも富田林市小金台4丁目、無職小野真由美と自営業桃田貴徳の両容疑者。捜査1課によると逮捕容疑は6月29日午前5時ごろ、小野容疑者の孫の小野優陽(ゆうは)ちゃんを団地3階にある自宅洋室のベビーサークル内に閉じ込めて外出し、午後4時ごろまで放置したというもの。2人とも容疑を認めているという。

 同課によると、両容疑者は自宅で優陽ちゃんのほか小野容疑者の四男(15)、五男(5)の計5人で暮らしていた。両容疑者は逮捕時、同29日の行動について、五男を連れて「午前5時ごろに3人で車で外出した」と供述。「優陽の育児のストレス解消のためにUSJに遊びに行った」と話したという。

 捜査関係者によると、桃田容…

この記事は有料会員記事です。残り440文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら