テント担ぎ歩いた沖縄で聞いた爆音 基地負担「自分事として考えて」

有料会員記事参院選2022

中野晃
[PR]

 沖縄の基地問題について長年考えてきた小宮勇介さん(46)は、兵庫県三田市を拠点にする「食生活を考える会」の取り組みに参加している。

 有機農業に取り組む地域の生産者と、安全な食べ物を求める消費者が31年前に作った。化学肥料や農薬を使わずに栽培、収穫された旬の野菜を作業場で仕分けし、会員宅に配送する。自身も家で食べる野菜の一部を畑で作っている。

参院選の一票、あなたはどんな思いを込めますか――。商店街で、イベントで、公共施設で。「ひょうごの街」に様々な関心を持って暮らす有権者を訪ね、話を聴きました。

 丹波篠山で宿泊型貸農園の管理人、愛媛で水道管理会社員、岡山で農業手伝いをし、十余年前、三田に戻った。ひとりで「健康平和研究所」を立ち上げ、ブログで情報発信もしている。

 2000年夏、映画祭で初め…

この記事は有料会員記事です。残り457文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]