第64回東京・神奈川・京都で野党同士が競り合う 複数区の朝日終盤情勢

有料会員記事参院選2022

[PR]

 10日投開票の参院選について、朝日新聞社は4、5日に全国の有権者を対象に電話とインターネットによる情勢調査を行った。複数区では序盤の調査同様、与党が堅調を維持する一方、東京や神奈川、京都などでは、立憲、維新、共産、れいわなど野党同士が激しく競り合っている。

全選挙区の終盤情勢の詳報は、8日朝にお伝えする予定。

あなたにマッチする政党は?

参院選2020 朝日新聞ボートマッチ。質問に答えていくと、主要9政党・候補者との「一致度」が分かります。

■北海道選挙区…

この記事は有料会員記事です。残り3185文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載朝日情勢調査 参院選2022(全110回)

この連載の一覧を見る