• アピタル

コロナ・インフル・デング熱…国産ワクチン開発へ、8種を対象に支援

有料会員記事

市野塊
[PR]

 将来の感染症流行に備えた国産ワクチンの開発について、厚生労働省は6日、コロナウイルス感染症やデング熱など8種類の感染症を支援対象とすることを決めた。日本医療研究開発機構(AMED)内にこの春に新設された国産ワクチン開発の司令塔組織「SCARDA(スカーダ)」が支援する。

 対象はほかに、季節性や動物由来のインフルエンザウイルス感染症、RSウイルス感染症、エンテロウイルス感染症、ジカウイルス感染症、ニパウイルス感染症、天然痘サル痘。未知のコロナウイルスやインフルエンザウイルスによる感染症などは、今後の予測は難しい一方、発生すれば社会的な影響が大きいため、対象に含めた。

 新型コロナのワクチン開発が海外に出遅れた反省から、政府は昨年6月にワクチン開発の長期戦略を閣議決定し、その後スカーダを新設。厚労省の専門家部会はどの感染症を対象とするべきか議論し、この日の会合で8種類を選んだ。

 専門家部会は、社会的な影響…

この記事は有料会員記事です。残り168文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら