札幌龍谷、安打4本全てが適時打 「待て」が効いた

佐々木洋輔
[PR]

 6日、高校野球南北海道大会札幌地区Eブロック代表決定戦、札幌龍谷9―1札幌清田(7回コールド)

 札幌龍谷の安打は4本と決して多くない。だが全てが適時打だった。勝負強さのわけを、寺西直貴監督は「ノーボール、2ストライクのカウントを想定した打撃練習を積んできた成果が出た」と明かした。

 寺西監督は相手投手が制球難と見るや、打ち急がずに「待て」の指示。ボールが先行して打者に有利なカウントに持ち込むと「待て」を解除し、打ちにいかせた。4安打はいずれも「待て」解除後の一振りだったという。

 2ストライク想定での練習により、打者有利のカウントでも気を抜かず、1球で仕留める集中力が発揮できたと、寺西監督はみる。

 二回1死満塁で、チーム初安打となる、逆転の2点適時打を放った内海輝介選手(2年)は「『待て』の指示でも振ったつもりで集中していた。一振りで結果が出せてよかった」。(佐々木洋輔)