ヤフー ネット通販サイトを10月に統合へ アマゾンや楽天に対抗

女屋泰之
[PR]

 ヤフーは6日、運営するEC(ネット通販)サイトのヤフーショッピングとPayPay(ペイペイ)モールを、10月に統合すると発表した。両サイトのコンセプトの違いが分かりにくいことや、ユーザーが分散するといった課題があった。自社のECを統一して強化し、アマゾンや楽天市場など先行する巨大ECに対抗する。

 ヤフーは2019年、厳選したストアのみが出店するPayPayモールを開設。だが、先行するヤフーショッピングとの使い分けで利用者が混乱するなどの懸念が指摘されていた。統合により、4億点を超える国内最大級の商品数を抱えるECサイトになるという。最短で注文日当日に配送する機能なども強化する。

 親会社のZホールディングスは昨年3月のLINEとの統合により、検索サイトのヤフー、通話アプリのLINE、決済アプリのPayPayという国内有数のサービスを抱える企業群となったが、グループ内のサービスで複数のブランド名が混在する状況が続く。金融関連のサービスをPayPayに統一するなど、グループ全体での連携強化を進めている。(女屋泰之)