「次絶対捕る!」野球通じて言えた自分の意思 奈良・十津川の三木君

浅田朋範
[PR]

 十津川(奈良県十津川村)の三木寛士(3年)は今春の県予選でサードを守った。だが、野球を始めたのはわずか1年半前。中学時代には友人関係に悩み、不登校の時期もあった。地元から離れ、知り合いのいない十津川で出会った野球で、自身の成長を感じている。

 県南部、和歌山県との県境の近くに位置する十津川へは、奈良市から車で3時間ほど。全校生徒の約7割が隣接する寮で生活している。

 三木は大阪府枚方市出身。中学1年のとき友人と仲たがい。人間関係がこじれて、中学2年のときにはほとんど学校に行っていなかった。反抗期も重なりイライラしていることも多くなった。

 うまくいっていない日々の中で迎えた高校進学。「思い切って環境を変えたら?」と、母に勧められ、家を離れて寮生活ができる十津川を選んだ。

 野球とは縁遠い道のりを歩んできた。小学校ではドッジボール。中学校では水泳をしていた。十津川に入学後は顧問の先生に誘われて陸上部に入部。砲丸投げをしていた。記録も徐々に伸びていたが、何か物足りなく感じていた。

 そのとき頭に浮かんだのは小学生のときプレーしていたドッジボールの記憶。身近な仲間と切磋琢磨(せっさたくま)することで成長を感じられるチームスポーツに挑戦したくなった。高校1年の冬、体験入部を経て野球部に入った。

 初めてプレーする野球。特に好きなプロ球団もなく、これまでじっくり試合を見た経験もなかった。ルールを覚えるところから始まった。

 「ダブルプレーとか、タッチプレーとか、全然わかりませんでした」。チームメートや監督に聞いて少しずつルールを覚えていった。

 これまでにしたことのない体の動きを身に付けるのも一苦労。捕球して送球する守備の一連の動作、バットをスイングするときの腰のひねりや足の回転……。最初は「違和感のあるスイングでした」。

 すべてが簡単なことではなかった。それでも、グラブに入らなかった打球が捕れるようになったり、三塁から一塁まできれいに送球できたりと、少しずつ上達した。「できることがだんだん増えていくのが楽しかった」

 一方、苦悩もあった。ミスをしたときにひどく落ち込んでしまう。プレーでミスがあるとなかなか立ち直れず、悪循環に陥ってしまう。ポジティブな声出しがしたかったが、どうしても声が出せなかった。

 2年春の県予選。奈良朱雀・奈良商工戦の守備でエラーをした際もそうだった。「まだできる」と心の中では燃えていながら周りに伝えられず、交代になった。

 「本当に悔しい気持ちが大きかったです」。この悔しさがきっかけで、エラーしても「ごめん、次絶対捕る!」と大きな声を出し、自らの意思を見せるようになれた。

 野球を始めるのは遅かったけれど、他の部員の足を引っ張りたくない。夏の大会では、「エラーなしでヒットを1本出したい」と意気込む。

 野球を通じて、自ら進んでコミュニケーションをとれるようになった経験は、将来に生かせると考えている。夢は言語聴覚士。失語症など、「言葉でのコミュニケーションがしたくてもできない人の力になりたい」。=敬称略

     ◇

 取材を通じて、球児たちのモチベーションが頂点をめざすことだけではないことに気づいた。性差、受験勉強、プレッシャー……。多様な環境や条件と向き合いながらボールを追う球児たちの思いに迫った。(浅田朋範)