通信障害時、他社の通信網に乗り入れ可能? 「ローミング」の課題は

有料会員記事

杉山歩
[PR]

 KDDIの通信障害では、110番や119番につながらない事例もあった。緊急通報の手段の確保としては、他社の通信網に乗り入れる「ローミング」も考えられる。今後検討が進むとみられるが、早期の実現は難しそうだ。

 総務省東日本大震災後に、ローミングなどについて検討会で議論したこともあった。当時の通信規格「3G」は、NTTドコモとKDDIの方式が異なっており、ハードルが高かった。

 4G以降は各社が同じ方式を採用しているが、実現のめどは立っていない。携帯電話大手などが加盟する「電気通信事業者協会」では、連携を議論する作業部会で、緊急時のローミングが議論に上がっていたという。具体的な検討には至っておらず、協会の担当者は「事業者と連携して進めたい」という。

 実現に向けての課題は複数ある。携帯電話大手では数千万もの回線を抱えるところがある。ローミングで他社に大きな通信量が流れると、相手先でも障害が起きる恐れもある。

 KDDIの吉村和幸専務は5…

この記事は有料会員記事です。残り220文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら