17歳少年、初公判で女性刺殺認める 逮捕後につづった将来の「夢」

有料会員記事

中山直樹
[PR]

 福岡市の商業施設で2020年8月、当時21歳の女性を刺殺したなどとして、殺人などの罪に問われた少年(17)の裁判員裁判が6日、福岡地裁(武林仁美裁判長)で始まった。少年は事件当時15歳の中学生で、起訴内容について「間違いありません」と認めた。

 法廷には、少年が傍聴席から見えないよう、囲むように仕切りが立てられた。

 起訴状などによると、少年は20年8月28日夜、福岡市中央区の商業施設「MARK(マーク) IS(イズ) 福岡ももち」内の店舗で包丁2本を盗み、その後1階女子トイレで、同市の女性の首などを包丁で刺して殺害。さらに逃げる際の盾にしようと、施設内にいた女児(当時6)を包丁で脅したなどとされる。

 検察側は冒頭陳述で、少年が更生保護施設から抜け出して事件を起こしたことなどから、「保護処分での更生可能性が乏しい」として、成人と同等の刑事処分が相当だと主張。一方、弁護側は「少年院での教育や更生が望ましい」として保護処分を求めた。

 双方の冒頭陳述によると、少…

この記事は有料会員記事です。残り634文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら