フィリピン取り込み強める米中 マルコス大統領が王毅中国外相と会談

有料会員記事

宋光祐
[PR]

 フィリピンのマルコス大統領は6日、東南アジアを歴訪している中国の王毅(ワンイー)国務委員兼外相とマラカニアン宮殿(大統領府)で会談した。領有権をめぐって対立する南シナ海問題を議論したほか、王氏から訪中を要請されたとみられる。マルコス氏はバイデン米大統領からも訪米要請を受けたとされ、米中どちらを先に訪問するか注目される。

 6月末の発足後、マルコス政権が外国の外相を迎えるのは初めてという。6日午前には、マナロ外相が王氏と会談した。

 フィリピン外務省によると、マナロ氏は「コロナで受けた打撃からの回復途上にあるフィリピンにとって中国は良き友人だ」と王氏にあいさつ。王氏は中国に融和的な態度を取ったドゥテルテ前政権の方針を「正しかった」とし、「マルコス大統領による中国への友好的な政策の継続を高く評価する」と応じた。

 マルコス氏は当初、経済協力…

この記事は有料会員記事です。残り633文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら