トラウマだった守備、恐怖克服 長野俊英・二塁手を覚醒させたコーチ

[PR]

 「お願いします!」

 長野俊英(長野市)の二塁手、野沢颯希(そうき、3年)は、夕暮れのグラウンドで軽やかなグラブさばきでノックの打球を処理する。「守備力は随一」と小林正具監督も認める存在だ。

 野沢には守備で苦い思い出がある。1年生で出場した練習試合、緊張して打球処理に慌て、捕球できても送球が定まらない。エラーはもちろん、記録にならないエラーも連発した。守備が「トラウマ」になった。「球が来ないでほしい」。試合への恐怖心が芽生えかけた。

 中学から野球を始めたが、高校入学当初は打球と打者の足の速さに対応できなかった。小林監督は「当時は驚くくらい下手でしたよ。全部セーフになるぐらい……」と振り返る。

 助言をくれたのは岡沢魁真(かいま)コーチ(27)だった。岡沢コーチは高校1年生のころ、守備で思うように体が動かなくなる「イップス」になった。今も続いている。人一倍悩んだから、知ってもらいたかった。「イップスになったら、投げることもできないんだよ。気にしなくて大丈夫」「送球はおおざっぱで良いから」。自信をつけてほしいと、励ました。

 岡沢コーチは、野沢の守備を「覚醒」させた。1年の秋からほぼ毎日、個人練習でノックを長い時は1時間ほど打ち続けた。捕球しやすいポイントや、捕ってからのステップ、グラブの中での球の握り替え――。教えたことは数え切れない。

 2年たったいま、強豪との練習試合で堂々とプレーできるまでに急成長した。春の大会では6試合で1失策。夏のBシード獲得へ貢献した。岡沢コーチは「打球への食らいつきがずば抜けている」と球際の執念を称賛する。

 野沢も「守備で試合の流れを持っていきたい」と言えるまでになった。もう試合は怖くない。=敬称略

     ◇

新捕手として4強めざす 上田染谷丘の主将・小林君

 公立ながら2年連続で夏のAシードの上田染谷丘。強豪私立とも互角に渡り合えるチーム力で、昨夏の8強を上回る成績を狙う。攻守の要を担うのが主将の小林頌(しょう、3年)だ。

 昨夏も不動の1番打者として、打線の火付け役を担った。長打力があり、打球の速さは県内随一だ。「強く振って、強い打球を返すことしか考えていない」と打撃はシンプル。

 3月、小林をけがが襲った。「朝起きたら右肩が痛くて。自分では普通に練習していたつもりだったんですけど……」

 昨秋、外野手から中学時代以来となる捕手にコンバート。「中学の時より試合を動かせている」と感じていた矢先だった。疲労による炎症。肩を動かそうとすると痛みが走り、二塁までノーバウンドで送球することすら危うかった。春の大会は「だましだましやっていた」が、県大会1回戦では5盗塁を喫した。

 春の大会後、トレーナーに相談し、ストレッチを多く行い、負担を軽減することで回復にこぎ着けた。本番を控え、硬かった体をケアするための寝る前のストレッチは欠かさない。

 捕手というポジションの奥深さを日々感じている。打者を欺くための間の取り方、盗塁阻止、もちろん投手のリードも。

 最速141キロを誇るエースの市河春斗(同)の能力を最大限引き出すため、試合前には意見をぶつけ合う。打者をどう攻めたいか。聴くだけでなく、相手チームの情報を把握し、自分から提案する。「バッテリー間の対話を欠かさないことが大事です」

 小林らは「打倒私立」の旗のもと集まったメンバーだ。春の県大会で私立の強豪・松本第一を6―1で破ったことは自信になった。

 不安はない。同校初の4強入りも見えてきた。=敬称略