英ジョンソン首相が続投の意向 辞任ドミノでも「国の課題にあたる」

有料会員記事

ロンドン=和気真也
[PR]

 不祥事対応に批判が集まっている英ジョンソン首相は6日、「国が直面する大きな課題にあたる」などとして、首相続投の意向を議員らに伝えた。英BBCなどが報じた。一方で、政権幹部らによる首相の辞任を求める声は拡大し、6日だけで副大臣格の14人が抗議のため辞任した。

 6日夕にはパテル内相やシャップス運輸相ら閣僚を含む議員グループが、首相官邸を訪れて、ジョンソン氏に直接、辞任するよう訴えた。しかし、ジョンソン氏は続投する意思を曲げなかったという。

 一方で、ジョンソン氏は同日…

この記事は有料会員記事です。残り272文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら