患者へのわいせつ容疑、東京・歌舞伎町の精神科医を逮捕

[PR]

 自身が経営する診療所内で患者にわいせつな行為をしたとして、警視庁は、精神科医の伊沢純容疑者(52)=東京都新宿区歌舞伎町2丁目=を強制性交等の疑いで再逮捕し、7日発表した。「無理やりではない」と容疑を否認しているという。伊沢容疑者は別の患者に対してもわいせつな行為をしたなどとして3月以降に逮捕されており、今回の逮捕は6回目。

 新宿署によると、伊沢容疑者は昨年6月22日午後7時半~8時半ごろ、歌舞伎町1丁目の診療所内で、患者の20代女性を床に押し倒し、わいせつな行為をした疑いがある。当時は診察時間外で、診療所内にいたのは2人だけだった。この日の夕方に診察を受けるため診療所に来た女性に対し、診察後にLINEで「クリニックまで来て」と呼び戻していたという。

 押収した伊沢容疑者のスマートフォンに、伊沢容疑者が女性の胸を触る画像が残っていたという。女性が6月に被害届を出していた。