女子中学生2人が刃物で切られる 容疑の43歳男「殺そうと思った」

平川仁、武井風花
[PR]

 7日午前8時ごろ、仙台市太白区青山2丁目の路上で、「中学生が刺されたようだ」と目撃者から110番通報があった。宮城県警仙台南署によると、女子中学生2人が背中を刃物のようなもので切りつけられ、うち1人が重傷。市内の病院に救急搬送され、ともに命に別条はないという。

 署は、現場そばの自宅アパートに逃げ込んだ無職尾張裕之容疑者(43)=同区大塒町=を殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、発表した。「包丁で背中を突き刺したことは間違いない。殺そうと思って刺した」と容疑を認めているという。いずれの女子中学生とも面識はないとみられる。

 現場はJR仙台駅から南西約3キロの住宅地。地域の防犯協会会長の岩山浩一さん(78)は「中学生1人が向かいの玄関先で倒れていて、救急隊が担架で運ぶのを見た。安全な地域なのに怖いですね」と話した。(平川仁、武井風花)