ナダル、激痛こらえて激闘制す 準決勝へ「今は分からない」の真意

有料会員記事

ロンドン=遠田寛生
[PR]

 (6日、テニス・ウィンブルドン選手権男子シングルス準々決勝)

 途中棄権するべきだ!

 観客席に座り、すごい形相をしていた父親からそんな「指示」のジェスチャーが飛んだ。

 視線の先にいたのは、ラファエル・ナダルスペイン)。

 テーラー・フリッツ(米)との一戦。第2セット第7ゲームが終わり、4―3とリードした後のことだ。

 苦しそうな表情を浮かべながらコートをいったん離れた。足取りは重い。

 主審からのアナウンスが場内に流れる。

 「ラファエル・ナダル選手が、メディカルタイムアウトをとりました。ケガの程度を考え、処置はコートの外で行われています」

 直前に下腹部をおさえながら顔をゆがめていた。異変は明らかだった。

 しばらくして、ナダルはコート上に戻ってきた。場内には緊張感が漂う。

 静かにラケットを手に取り、歩いて所定の位置についた。

 試合再開。自然と温かい拍手がわき起こった。

 ただ、本調子にはほど遠かった。

 4回戦までの4試合で180…

この記事は有料会員記事です。残り909文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら