第10回「勝ちたい」立憲・泉氏が呟いたススキノの夜 落胆と奮起の18日間

[PR]

 丸形の羊肉が焼け、煙が立ち上る。参院選が終盤にさしかかろうとしていた7月3日夜、立憲民主党泉健太代表は札幌にいた。その日の街頭演説をすべて終え、飛び込んだのはススキノのジンギスカン料理店。札幌生まれ。懐かしい味をかみしめながら、口を突いて出た。

 「勝ちたいな……」

 その顔には、期待と不安が入り交じっていた。党代表として初めて迎えた本格的な国政選挙は、全国を演説してまわりながら迷いと落胆と鼓舞のループを描いた。

 「朝の駅頭立ち、始めようか」

 泉氏が突然、そんなことを言い出したのは、公示後の6月24日。有権者に立憲はどう受け止められているのか、空気感をつかむには駅頭に立つのが一番と思い立った。3日後には東京都内で朝7時に駅頭に立つ泉氏の姿があった。

 突きつけられた現実は、思う…

この記事は有料記事です。残り1118文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載野党サバイバル 巨大与党との向き合い方(全20回)

この連載の一覧を見る