「女性は寛大に」自民・桜田氏が釈明「互いに思いやるべきとの趣旨」

参院選2022

[PR]

 少子化や未婚をめぐり「女性はもっと男の人に寛大に」と発言したことについて、自民党桜田義孝元五輪相は7日、ツイッターで釈明した。「特定の性別、年代、結婚観などを揶揄(やゆ)する意図で発言したものではなく、すべての人々がお互いを思いやり、尊重すべきだとの趣旨で発言した」とした。

 発言の撤回や謝罪はしていない。「日本の安全と安心、国民の生活の向上をはかるため、今後も政治活動に邁進(まいしん)する」とも記した。

 桜田氏は5日、千葉県・JR柏駅前の街頭演説で、少子化や未婚について「男の人は結婚したがっているが、女の人は、無理して結婚しなくていいという人が、最近増えている。嘆かわしいことですけども」としたうえで「女性も、もっともっと、男の人に寛大になっていただけたらありがたい」と述べていた。

 桜田氏の発言に対して、立憲民主党泉健太代表が「時代遅れの考え方が自民党内にはびこっている」と指摘するなど、批判の声が高まっている。

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]