気づけばゴチ!定食のみそ汁はラーメンに 熱海富士の母は心配だった

有料会員記事

安藤仙一朗
[PR]

 部屋別で最多タイの5人の幕内力士を抱える名門に、期待を背負う大器がいる。

 伊勢ケ浜部屋の十両熱海富士(本名武井朔太郎(さくたろう))。関取最年少の19歳だ。

 185センチ、168キロの恵まれた体を生かした前に出る相撲を身上とする。

 静岡・飛龍高在学中の2020年九州場所で初土俵を踏み、今年春場所に十両にスピード昇進した。

 前相撲を含めて所要8場所は、歴代7位タイ。ともに巨漢で豪快な取り口だった元大関・小錦、把瑠都に並ぶ速さだ。

 夏場所は2桁白星を挙げ、東十両6枚目まで番付を上げた。

 名古屋場所で大勝ちすれば、貴乃花稀勢の里ら名だたる力士に続く10代幕内力士誕生にも期待がかかる。

 同部屋の横綱照ノ富士らに胸を出してもらい、圧力に磨きをかける。「最高に恵まれている。番付を上げて少しでも近づいていけたら」

 1日60番、70番の豊富な稽古量でメキメキと力を付けている。

 相撲を始めたのは小学6年生の時。

 体重は、すでに100キロ近くあった。

 柔道をしていたが、母の武井奈緒さん(43)の勧めで地元のわんぱく相撲に挑戦し、いきなり優勝。相撲の魅力にとりつかれた。

 土俵の上では負けず嫌いだが、普段はとても穏やか。学校帰りはリコーダーを吹きながら歩いてきて、家では好きな邦ロックの曲を口ずさむ陽気な少年だった。

 奈緒さんいわく、インタビューで見せる人なつこい笑顔は「表情を隠せなくて、昔からあのまんま」。

 でも、「サク(熱海富士)とはよく言い合いになったんですよ」。

 奈緒さんが、思い出話を聞か…

この記事は有料会員記事です。残り776文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら