海老蔵さん「苦しみ、あがき、芸勤められるよう」團十郎襲名演目発表

有料会員記事

増田愛子
[PR]

【動画】「十三代目市川團十郎白猿襲名披露」襲名狂言が発表された=井手さゆり撮影

 東京・歌舞伎座で11、12月に開かれる「十三代目市川團十郎白猿襲名披露興行」の披露狂言を7日、松竹が発表した。

 團十郎を襲名する市川海老蔵さん(44)は11、12月に「助六(すけろく)由縁(ゆかりの)江戸桜(えどざくら)」の助六、11月に「

勧進帳」の弁慶、12月に「道成寺」の「押戻(おしもど)し」で左馬五郎と、市川家ゆかりの大役を勤める。八代目市川新之助として初舞台を踏む、長男の堀越勸玄(かんげん)さん(9)は、11月に「外郎売(ういろううり)」の主役を勤めるほか、「助六」の福山かつぎ役で親子共演。また12月には、祖父の故十二代目團十郎さんも得意とした「毛抜(けぬき)」の粂寺弾正を勤める。

 歌舞伎座で会見した海老蔵さんは「皆様のご期待に応えられるような團十郎に、また歌舞伎がいっそう発展となりますように懸命に努力いたしますれば、なにとぞご指導、ご鞭撻(べんたつ)、応援のほど、よろしくお願いします」とあいさつした。

 大名跡を継ぐことについて「…

この記事は有料会員記事です。残り296文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら