妊娠中の交際相手を殺害か 容疑で逮捕の会社員「間違いない」

[PR]

 東京都練馬区マンションで今年3月に住人女性(37)を殺害したとして、警視庁は7日、女性の交際相手だった会社員、高橋剣容疑者(43)=埼玉県草加市=を殺人容疑で逮捕し、発表した。「自分が用意したロープで首を絞めて殺したことに間違いない」と容疑を認めているという。

 捜査1課によると、高橋容疑者は3月12日、練馬区南大泉6丁目のマンションで、住人の会社員、成田のぞみさんの首を圧迫して殺害した疑いがある。

 同日午前7時半ごろ、起床した小学生の長女が洗面所で倒れている成田さんを発見し、高橋容疑者に連絡。高橋容疑者は宿泊先のインターネットカフェから成田さん宅に向かう途中で「彼女が倒れている」と119番通報し、現場に駆けつけた捜査員に「(事件当日に)成田さんとは会っていない」と述べ、成田さんが自殺したかのような説明もしていた。だが高橋容疑者は同日午前1時ごろにマンションを訪れていたといい、同課は遺体の状況などから成田さんが事件に巻き込まれたとみて調べていた。

 成田さんは死亡当時妊娠中で、同課は高橋容疑者がおなかの子の父親の可能性が高いとみている。シングルマザーの成田さんは高橋容疑者が既婚者だと知らずに交際していたという。