スリランカが「破産」を表明 プーチン大統領に燃料支援など要請

有料会員記事

山根祐作
[PR]

 経済危機が深刻化しているスリランカのゴタバヤ・ラジャパクサ大統領は6日、自身のツイッターで、ロシアのプーチン大統領に燃料輸入のための支援を要請したことを明らかにした。

 ラジャパクサ氏は「プーチン大統領と非常に有意義な電話会談を行った」と投稿。燃料の問題以外にも、航空便の再開を要請し、観光、貿易、文化などの分野での二国間関係の強化が重要であることで一致したという。

 スリランカは、他国などからの借金の返済が滞ってデフォルト(債務不履行)状態に陥っている。AFP通信によると、ウィクラマシンハ首相は5日、議会の演説で、同国が「破産」したと述べ、経済危機が少なくとも来年末まで続くとの見通しを示した。

 スリランカでは今年に入り…

この記事は有料会員記事です。残り112文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    坂尻信義
    (朝日新聞編集委員=国際政治)
    2022年7月7日16時40分 投稿
    【視点】

    スリランカは、中国の「真珠の首飾り」と呼ばれるシーレーン戦略上の要衝です。同国南部のハンバントタ港の運営権は、2017年から99年間、中国の国有企業にリースされました。ちなみに「99」という数字は、中国語で「久久」と同じ発音であることから、