尼崎市長、任期満了で退任へ USBメモリー紛失問題との関係は否定

有料会員記事

中塚久美子
[PR]

 兵庫県尼崎市稲村和美市長(49)は7日、任期満了に伴う市長選(11月20日投開票)に立候補しないと表明した。「3期12年が一つの区切りだと思ってやってきた」と述べ、6月に起きた個人情報が入ったUSBメモリーの紛失問題との関係は否定。半年をめどに検証を進める市の調査委員会について「一定の取り組みを任期中に終了したい」と話した。

 この日、記者会見を開いて明らかにした。財政再建と中学校給食導入など「未来への投資」の両立が一定程度実現できたことを挙げ、「『これで十分』というのがない仕事だが、しっかりバトンを渡すところまでが責任だ」と語った。

 会見では、同市の前教育長の…

この記事は有料会員記事です。残り209文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら