神戸の専門学校で火災、教室の一部焼ける 廊下に油?まかれた跡も

[PR]

 7日午前5時ごろ、神戸市須磨区友が丘7丁目の神戸総合医療専門学校で、「建物の5階の窓から黒煙が見える」と駆けつけた警備員から119番通報があった。

 市消防局によると、地上6階、地下1階建ての同専門学校の建物のうち、5階の教務室と教室の一部計約80平方メートルが焼けた。当時、建物内は無人だった。

 須磨署によると、建物の2階北側にある非常口のガラスが割られ、5階の廊下に油のようなものがまかれた跡があったという。署は、何者かが非常口を破って侵入して火をつけたとみて、放火などの疑いで調べている。

 現場は神戸市営地下鉄西神・山手線の名谷駅から南東へ約1キロの住宅街。