旅先はサイコロで決定 大阪-博多が5千円も JR西が切符を発売へ

有料記事

松岡大将
[PR]

 どこに行くかはサイコロで決める――。七つの行き先からいずれかが当たる「サイコロきっぷ」を、JR西日本が発売する。受け付けは今月19日からで、利用期間は同29日~10月31日のうち、連続する3日間。料金は5千円で、大阪から通常往復3万円近くかかる博多が当たる可能性もある。

 購入はアプリからで、サイコロを振るとランダムに行き先が表示される仕組み。行き先は全7駅で、白浜(和歌山県)、餘部(兵庫県)、東舞鶴京都府)、倉敷(岡山県)、芦原温泉(福井県)、尾道(広島県)、博多(福岡県)のいずれか。東舞鶴や倉敷などは途中下車もできる。

 割引率は約5~8割で、博多駅は「レア駅」として通常より低い36分の1の確率で当たる設定という。大阪市内発着の往復乗車券と、特急か新幹線の指定席特急券のセットが提供される。

 購入するには、事前に予約サ…

この記事は有料記事です。残り171文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!