G20外相会合が開幕 日本は夕食会欠席へ 「ロシアいる場」拒否

有料会員記事ウクライナ情勢

バリ島=半田尚子、野平悠一
[PR]

 ロシアのウクライナ侵攻後、初めてとなる主要20カ国・地域(G20)の外相会合が7日、インドネシアのバリ島で始まった。8日までの日程で世界的な食糧危機や高騰するエネルギー価格への対応などを議論する。会合にはロシアのラブロフ外相が出席する予定で、ロシア非難を強める欧米日などとの応酬が予想される。

 会合には米国のブリンケン国務長官や中国の王毅(ワンイー)国務委員兼外相、日本の林芳正外相らが出席。議長国のインドネシアが招待したウクライナのクレバ外相もオンライン形式で参加する。

 8日の本会合に先立ち、7日は参加国同士の二国間会談があり、夜にはインドネシア外務省主催の夕食会が開かれた。ただインドネシアの外相によると、日本を含む主要7カ国(G7)が夕食会を欠席。林外相は「ラブロフ氏のいる社交の場には出席できない」(日本外務省幹部)と判断したという。ロシアへの対応をめぐり、国際社会の分断が早くも浮き彫りになっている。

 インドネシア外務省筋は「一…

この記事は有料会員記事です。残り473文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら