授業中に児童の前でハイボール、男性教諭を停職6カ月に 仙台市教委

有料会員記事

三井新
[PR]

 担任している児童たちの前で授業中に酒を飲んでいたとして、仙台市教育委員会は7日、同市宮城野区の市立小学校で働く60代の男性教諭を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。男性教諭は同日付で辞職した。

 市教委の説明によると、男性教諭は6月1日、2時間目の授業中に500ミリリットルの缶入りハイボールを飲んだ。児童は当時、男性教諭が与えた課題を解いており、同じ教室内にいた同僚の教員が発見した。缶はコンビニの袋に包まれ、一見しただけでは飲んでいるのが酒かどうかは分かりづらかったという。

 児童への影響について、市教委は「支障があったととらえているが、どういった支障があったかは説明が難しい」と語った。

 聞き取り調査によると、男性…

この記事は有料会員記事です。残り398文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら