「国技館で球を投げたり、蹴ったり」 東京本拠14チームの連携始動

[PR]

 東京を本拠とするプロ野球のヤクルトやJリーグのFC東京など14のスポーツチーム、団体が連携して新たな価値を生むプロジェクト「TOKYO(トーキョー) UNITE(ユナイト)」の発足記者会見が7日、東京ドームホテルであった。発起人の一人でプロ競泳チーム「東京フロッグキングス」の北島康介ゼネラルマネジャーは「大きなインパクトを作っていきたい」と意気込みを語った。

 参加するのは日本相撲協会、プロ野球の巨人とヤクルト、JリーグのFC東京と町田と東京ヴ、WEリーグの日テレ東京ヴ、バスケBリーグのA東京とSR渋谷、ラグビーリーグワンの東京SGとBL東京とBR東京、卓球Tリーグの東京、競泳の東京フロッグキングス。

 競技の垣根を越えた発信をしたり運営の知見を共有したりする相互マーケティング▽共同でのグッズ販売▽経済的な事情などでスポーツができなくなった子どもたちへの支援などの社会貢献が活動の3本柱。第1弾として、7日からクラウドファンディングで寄付を募り、都内の困窮家庭の子どもたちに靴を届ける取り組み「#your_shoes」を始めた。

 唯一競技団体としてプロジェクトに参加した日本相撲協会の八角理事長は「非常に有意義な活動で、協会も様々な活動をしていきたい。相撲で国技館を使っていない時には、広いアリーナで色々な運動ができる。国技館でボールを蹴ったり投げたりして、我々がちゃんこ鍋を作ってもいい」とアイデアを披露。巨人の山口オーナーは「東京は一年中プロスポーツを見て楽しめる街。応援しているスポーツの枠を超えて、他のチームにも興味を持ってもらいたい」と呼びかけた。

 2023年には共同のグッズを販売する店舗をオープンする予定という。会見に出席した室伏広治・スポーツ庁長官は「世界に発信できる先進的なモデルになることを期待している」と語った。