エネルギー安全保障で協力確認 日アルゼンチン外相会談

バリ島=野平悠一
[PR]

 主要20カ国・地域(G20)外相会合に出席するためインドネシアのバリ島を訪問中の林芳正外相は7日、アルゼンチンのカフィエロ外相と会談した。両氏はロシアのウクライナ侵攻を「力による一方的な現状変更であり、明白な国際法違反だ」と非難し、食料・エネルギー価格の高騰に対処する必要性を確認した。

 日本外務省によると、林氏は「食料・エネルギー安全保障におけるアルゼンチンの重要性が増大している。両国の経済関係強化に向けて連携したい」と述べ、カフィエロ氏は「アルゼンチンはエネルギー資源も豊富で、協力を進めたい」と応じた。(バリ島=野平悠一)