当時15歳少年被告人質問 検察遺族に態度一変「クズはクズのまま」

有料会員記事

中山直樹、古畑航希
[PR]

 福岡地裁(武林仁美裁判長)で7日に開かれた、福岡市の商業施設で2020年8月、同市の当時21歳の女性を刺殺したなどとして、殺人などの罪に問われた少年(17)の裁判員裁判。午前中の弁護側による被告人質問に続いて、午後からは検察側や被害者参加制度を利用した遺族側弁護士による被告人質問があった。

 弁護人の質問に対して反省の態度を見せていた少年だが、検察側や裁判官らの質問が始まると、態度は一変した。投げやりな発言も目立ち、傍聴席からは時折ため息が漏れた。

 起訴状などによると、少年は20年8月28日夜、福岡市中央区の「MARK IS(マーク・イズ) 福岡ももち」内で包丁を盗み、その後、被害女性と友人が1階女子トイレに入るのを見かけて追跡。トイレ内で女性の首などを包丁で刺して殺害したなどとされる。

 検察側から女性を殺害した際…

この記事は有料会員記事です。残り683文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら