第13回「国民民主が『第2立憲』になったら…」 埋没恐れる玉木氏の新路線

[PR]

 与党と野党で「戦」にも例えられるのが選挙だが、国民民主党玉木雄一郎代表は、参院選で一風変わったフレーズを繰り返した。

 「与党とか野党とか言っている場合じゃない」

 各地の街頭演説で政府・与党を強く批判することもなく、かたや、旧民主党を源流とする「兄弟政党」の立憲民主党とは距離を置くことに腐心した。

 公示から1週間たった6月29日、三重県伊勢市の駅前に、国民民主と立憲の最大の支持団体・連合の芳野友子会長と、立憲の泉健太代表が駆けつけた。

無所属候補の応援に立たない玉木氏 街頭演説でも触れず

 両党が一緒に推薦する全国に…

この記事は有料記事です。残り1141文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載野党サバイバル 巨大与党との向き合い方(全20回)

この連載の一覧を見る