「主役演じきる」宣言した生稲晃子氏 台本通り進まなかった選挙戦

有料記事参院選2022自民

小林太一
[PR]

 時代を彩った元アイドルは、「タレント候補」と呼ばれるのを気にしていた。

 1980年代の人気グループ「おニャン子クラブ」の元メンバーで、自民党の公認を受けて初当選を決めた生稲晃子氏(54)。立候補を表明した4月6日、会見は芸能界から政界への転身に質問が集中した。

 「ネットにいろいろ書かれているのを見ると、つらくなるので一切見ていません」

生き生きした選挙戦、公示後の異変

 自身の強みを聞かれると、乳…

この記事は有料記事です。残り2723文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]